査定をする前には修理はした方がいいのか?

未分類

バイクの査定ではキズや故障などによって査定額が大きく変わることがあります。その為、できる限り高く売るためには修理をした方がいいと思っている方も多いです。実際に修理はした方がいいのかについてここでは話します。

バイクまず基本的な知識としては修理はした方が高く売れるけど元は取るのが難しいことを頭に入れておきましょう。基本的に修理の分だけ高く売れますが、修理費用などは元が取れないことがほとんどです。その為、特に大きな傷や故障をしている場合には修理を依頼せずにそのままの状態で査定を依頼した方がいいです。

しかし、簡単な修理はした方がいいケースもあります。例えばタンクのキズの簡易補修などを行うのはいいでしょう。特に査定までに時間がある場合はキズをなおし、錆止めを行うことで錆び対策なども行うことができるので大きな劣化を防げます。また、爪が引っかからないような小さな傷はコンパウンドなどで消すことができるので査定まで時間があるなら試してみるのもいいでしょう。

このように、基本的に自分で簡単に直すことができないような修復の場合はそのままの状態で査定を依頼した方がいいでしょう。しかし、自分でも対処できるような小さな傷などは印象を良くするためにもやっておいた方がいいポイントになるので状況に応じて判断するといいでしょう。

Pocket